12月14日(日)波多江柔道スポーツ少年団創立35周年記念大会

2016年10月2日

平成26年12月14日(日)、波多江柔道スポーツ少年団創立35周年記念大会が糸島市立前原小学校において開催されました。




波多江柔道スポーツ少年団創立35周年記念大会

DSC01917

保護者会を中心に、この日のために1年間かけて準備を重ね、ついに当日を迎えることができました。

ひとえに波多江柔道スポーツ少年団を応援してくださる地域の皆さん、糸島市柔道協会の皆さんのご協力のおかげです。心から感謝申し上げます。

DSC01935

開会式では、来賓の糸島市長、糸島市柔道協会会長のご祝辞を賜りました。

選手宣誓は波多江柔道スポーツ少年団・鷲尾優人が行いました。

DSC01945

試合は個人戦から行われました。

波多江の子供たちも、日頃の練習の成果を十分に発揮し、元気よく試合をすることができました。

DSC01989

普段以上の力を発揮した子、普段の力を出せずに負けてしまった子、それぞれに課題が残り、これからの成長の糧となります。

DSC02027

個人戦入賞者

幼年

はるか 3位

1年生男子

たいが 2位

1年生女子

みのり 2位
りあな 3位

2年生男子

けいご 優勝

3年生男子

しゅんや 優勝
やまと 2位

3年生女子

のぞみ 3位

5年生男子

げんき 優勝
かいと 3位

5年生女子

つばき 優勝
さら 2位
はるか 3位

6年生男子

みずき 優勝

6年生女子

みな 優勝
みのり 3位

団体戦

DSC02078

個人戦に続き、団体戦が行われました。

波多江からは4チームが出場しました。

DSC02182

優勝 波多江柔道スポーツ少年団A
2位 桜野柔道スポーツ少年団
3位 志摩柔道スポーツ少年団
3位 波多江柔道スポーツ少年団B

DSC02187

負けるつもりで試合に臨む子供はいません。みんなが勝つことを目指して畳に上がります。

その結果、十分に実力を発揮できずに試合を終えてしまった子もいます。

負けた、悔しい。それで終わってしまっては、何の進歩もありません。

失敗を次に活かすことを反省と言います。次に活かすことなく、ただ悔やむことを後悔と言います。

後悔からは何も生まれません。今回負けてしまった子、十分に反省して、次こそは笑って試合を終えることができるように、次の練習から頑張りましょう。

DSC02198

今年の試合はこれで全て終わりました。

また来年も、全員が心を一つにして、目標に向かって頑張って行きましょう。

今日参加いただいた各道場の皆様、ご協力いただいた地域の皆様、本当にありがとうございました。

これからも波多江柔道スポーツ少年団をどうぞよろしくお願いいたします。