/* アクセス解析(Google Analytics 等)の Javascript は、?> 以降に書いてください。 (Javascript of Access analysis (Google Analytics etc.), please write them after the below ?>. ) */ ?>

平成31年3月3日(日)卒団式




卒団式

吉川杯争奪波多江柔道春季大会の後、平成30年度卒団式が行われました。

今年卒団する6年生は6人でした。

なほ

ゆうし

てつと

るうあ

けいご

しんぺい

波多江柔道を1年間リードしてくれた6人が、立派に卒団の挨拶をしてくれました。

親を背負って

卒団の挨拶の後は、恒例の親を背負って在団生が作るアーチをくぐり抜けるという儀式です。
入団した時期はそれぞれ差がありますが、卒団の日は同じです。
入団したときにはみんなまだまだチビッコでしたが、親をおんぶして歩くことができる立派な体に成長しました。
体だけでなく、心も強くなりました。波多江柔道で濃密な時間を過ごした証です。
もっともっと強い人間に育ってくださいね。
そして、柔道を通じて出会ったすべての人、すべてのものに対する感謝の気持を忘れないようにしましょう。
卒団おめでとうございます。

卒団生を送る会

午後から、卒団生を送る会を糸島市の「あごら」で行いました。
保護者や指導員の後ろに子どもが着いて、美味しいスイーツを食べさせてあげる「二人羽織」。
恒例の「腕相撲大会」。午前中の吉川杯と同じ試合順で、今度は腕相撲の勝ち抜き戦です。
みんなで楽しく、卒団する6人を送り出しました。卒団生の輝かしい将来をお祈りします!