平成29年9月30日(土)練習

土曜日は波多江小体育館で通常練習です。




合同練習

9月最後の日でした。夏の暑さがウソのように涼しくなってきています。すっかり秋ですね。

今日の練習は、志摩柔道のみなさんと正心館のみなさんが練習に参加してくださいました。

普段一緒に練習できない相手と練習できるいい機会でした。

積極的に相手をつかまえ、稽古に励む姿が見られました。

ルールの改正により、従来の「技あり2つで一本」がなくなりました。

技ありは何回取っても技ありです。また、従来の「有効」がなくなりました。

一本を取る技を身につけなければ、例えば技ありを100個取ったとしても、一本を一つ取られたら逆転されて負けてしまいます。

最後まで一本を目指す柔道をしなければならない。これは本来の柔道の目指すべき姿です。

一本を取れる技を身につけるためには、当たり前のことですがその技を掛ける練習をしなければなりません。

返されることを恐れて技を掛けなければ、一本がとれる技は身につきません。

特に今日のような合同練習では、普段一緒に練習をしない相手と練習ができます。

思い切って技を掛け、日頃の練習の成果を試す絶好のチャンスです。

志摩柔道のみなさん、正心館のみなさん、今日は本当にいい練習ができました。ありがとうございました。

明日から10月です。秋もたくさんの試合があります。みんなで気合を入れて頑張っていきましょう。