平成30年11月23日(金)第40回糸島市少年柔道大会




第40回糸島市少年柔道大会

糸島市少年柔道大会、通称秋の糸島大会が可也公民館において開催されました。

開会式の選手宣誓をゆうしが堂々と大きな声でしてくれました。

まずは個人戦が行われました。秋の糸島大会は糸島以外の道場が参加します。

普段の糸島大会や昇級審査会では試合をすることのない相手と対戦しました。

開会式の月形市長のご挨拶の中で、「試合は最大の練習である」というお言葉がありました。

毎日の練習の積み重ねはもちろんですが、今日の試合で何かをつかみ、大きく成長する子がきっといることでしょう。

個人戦結果

1年男子 3位 たくま
2年男子 優勝 こじろう
2年女子 優勝 ありさ
3年男子 2位 ゆうが
3年女子 3位 かほ
4年男子 2位 ようすけ、3位 さんしろう
4年女子 優勝 はるか
5年女子 優勝 みのり、3位 りあな
6年男子 2位 けいご、3位 てつと

今回もたくさんの優勝、入賞を出すことができました。また、卒団した中学生も立派な成績を残しています。

団体戦

個人戦のあと、団体戦が行われました。

秋の糸島大会の団体戦は、学年の制限がなく、ベストメンバーの5人で試合に臨みます。

先鋒 みのり

次鋒 ゆうし

中堅 しんぺい

副将 てつと

大将 けいご

この5人で試合に臨みました。

団体戦結果

予選 波多江 5−0 怡土
予選 波多江 3−1 春日柔道育成会

準決勝 波多江 2−1 志摩
決勝 波多江 4−0 桜野

見事に優勝することができました。

個人、団体ともに良い成績を残すことができました。また、個々の試合の内容もとても良いものが多かったように思います。

特に団体戦では、一人ひとりが自分の責任を自覚し、チームとして戦うことができていました。

今年も残りが少なくなってきましたが、まだまだ試合が続きます。みんなで力を合わせて、しっかり頑張っていきましょう。