平成30年6月30日(土)、7月1日(日)第36回九州少年柔道大会

2018年7月3日




第36回九州少年柔道大会

九州少年柔道大会が、改装されて新たにオープンした久留米アリーナで開催されました。

九州少年柔道大会は波多江柔道が所属する福岡中部柔道場連盟より選抜された選手が出場し、福岡県の他地区や他県の代表と九州ナンバーワンをかけて戦う大会です。

今年は波多江柔道から選抜されたメンバーは

1年生 たくま
2年生 こじろう、ありさ
4年生 ようすけ、はるか、米原ゆう
5年生 みのり

の7名でした。

団体戦

初日は団体戦が行われました。波多江のメンバーも各学年でよく頑張り、活躍しました。

残念なら、中部柔道場連盟は総合で2位。優勝することはできませんでした。優勝は宮崎県でした。

個人戦

各学年、白熱した試合が行われました。

5年女子重量級 優勝 みのり
4年女子重量級 2位 はるか
2年生男女混合 ベスト8 こじろう

3名の入賞者を出すことができました。

特にみのりは、先日の福岡県少年柔道選手権大会に続いて優勝を果たし、九州チャンピオンとなりました。8月の全国大会に向けて弾みをつけることができました。

波多江の代表としてだけでなく、中部柔道場連盟の代表として、堂々と戦ってくれました。

来年はもっとたくさんの選手が選抜されるように、波多江柔道のレベルアップを図っていきましょう。