平成30年1月6日(土)初稽古




平成30年初稽古

あけましておめでとうございます。平成30年の波多江柔道スポーツ少年団は、1月6日の初稽古からスタートです。

今年もどうぞよろしくお願いいたしします。

今日はまず朝の寒い中から畳を敷き、準備運動で体を十分に温めたのち、近くにある産宮神社で初詣をしました。

年の始めに、今年一年の安全祈願と必勝祈願を行うのは、毎年の恒例になっています。

一年最初の練習です。大切な節目です。こういった節目節目を大切にしなければなりません。

初詣を済ませ、今年最初の練習です。例年と比べて長い冬休みでした。

十分に休養をとり、正月で栄養を蓄え、元気たっぷりの中での練習ができたことと思います。

去年できなかったことを、今年できるようになりたい。

去年達成できなかったことを、今年何としても達成したい。

去年勝てなかったあいつに、今年は絶対に勝ちたい。

子どもたちだけでなく、指導員も保護者も、一人ひとりが胸の中に思いを秘めた、そんな初稽古でした。

初稽古の間に、保護者のみなさんが豚汁を作ってくださいました。

練習後、みんなで美味しくいただきました。

団員、指導員、保護者、卒団生と、総勢で60~70人ほどいたでしょうか。

準備された豚汁は、何と130人分。みんな本当にお腹いっぱいになりました。

さあ、平成30年の始まりです。志の高さが、目線の高さが人生を規定すると言います。

目標を高く持ち、みんなで今年も元気に頑張っていきましょう。