平成29年12月13日(水)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。

本格的に冬ですね。とても寒い日が続いています。

いったん練習が始まってしまうと、子どもたちは元気に走り回っていますが、練習前は寒くて固まっています

入念に準備運動、ウォーミングアップをしなければケガにつながります。

しっかりと体を温めて、ケガをしないように気をつけなければなりません。




自他共栄

柔道は一人ではできません。技を受けてくれる相手がいて、技を掛けてくれる相手がいて、初めて成立します。

相手がいてくれることに感謝しなければなりません。

しかし、柔道はその感謝すべき相手を畳にたたきつけることを目指して努力します。投げられれば痛いし、投げれば相手が痛い思いをします。

そして試合や練習が終わると、「ありがとうございました」と礼をします。とても不思議な行為です。

柔道で戦う相手は敵ではありません。互いに相手を高め合う仲間です。

競い合って努力することで共に伸びていくことができる仲間です。これが「自他共栄」です。

子どもたちは柔道を通じで、強くなることだけではない大切なことを学んでいます。

今年の練習も残りわずかです。互いに高め合って、しっかり頑張っていきましょう。