平成29年3月4日(土)練習

土曜日は波多江小体育館で通常練習です。




元気が一番

5年生が指揮をするようになって2回目の練習でした。

自覚を持って大きな声を出し、下級生を引っ張ってくれています。

上級生が号令をかけるとき、みんなに聞こえないような小さな声は出していません。

できる限りの大きな声で号令をかけています。

下級生はその大きな声の号令に応えなければですね。

大きな号令、大きな返事。みんなで元気を出して盛り上げていきましょう。

元気に一所懸命に練習することが、集中力を持続することに繋がります。

声も出さずにボーっと練習していると、集中力が弱くなり、ケガの恐れがあります。

一所懸命に頑張り、辛い練習に耐えているのに、ケガで練習や試合に出られなくなるなんて、そんなバカな話はありません。

子どもたちがケガをして、喜ぶ人は誰もいません。誰よりも痛いのは子どもたち本人です。

練習中にボーっとしていい時間なんてありません。手を抜いていていい時間なんてありません。

最初から最後までしっかり集中。元気にやって来て、元気に帰る。これが最も大切なことです。

今日もいい練習ができました。3月19日(日)は新5、6年生の最初の試合があります。

集中して練習し、しっかり頑張っていきましょう。