令和元年11月24日(日)第4回沖隆邦杯少年柔道大会

令和元年11月24日(日)第4回沖隆邦杯少年柔道大会
波多江柔道スポーツ少年団卒団生及び関係者のみなさまは、上のリンク先を是非お読みください。よろしくお願いいたします。
第4回沖隆邦杯少年柔道大会が沖学園中学・高等学校で開催されました。

団体戦と個人戦があり、団体戦は2,3,4,5,6年生の5人戦、個人戦は6年生以外は各学年2人のエントリーでした。6年生は人数制限はありません。

団体戦

まずは団体戦が行われました。

先鋒 たくま

次鋒 こじろう

中堅 ゆうが

副将 さんしろう

大将 みのり

この5人で試合に臨みました。

団体戦結果

1回戦 波多江 ②(内容)2 馬出柔道クラブ
2回戦 波多江 ②(代表)2 雷山柔道
3回戦 波多江 1−4 松龍館道場(熊本)

残念ながら3回戦で敗退し、ベスト8でした。

個人戦結果

団体戦の後、個人戦が行われました。

幼年男子 2位 だいき
1年女子 優勝 ともみ
2年男子 3位 たくま
3年女子 優勝 ありさ
5年男子 3位 さんしろう
5年女子 優勝 はるか
6年男子 3位 たいが
6年女子 優勝 みのり

たくさんの優勝、入賞者を出すことができました。

昨日の糸島大会の敗戦を受け、少しは気が引き締まったような感じでした。

しかし、そう簡単に良い試合ができるようにはなりません。今日もいろいろと甘い所が見られ、チームの危機につながりました。

一人ひとりが自分の持ち場の意味を理解し、その試合でやるべきことをしっかりと考えることができるようになりたいですね。