平成30年7月4日(水)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




元気が大事

台風一過、今日は気温も上がり、大変蒸し暑い中での練習でした。

子どもたちも少しバテ気味で、元気がないように感じました。

そんなときこそ、から元気でもいいから大きな声で練習を盛り上げていかなければなりません。

疲れて体が思うように動かないときに、声も出さず元気も出さずに練習をすると、怪我につながるかもしれません。

先生たちが何度も「声を出せ」「元気がない」と声をかけていました。そのたびに声が大きくなりました。

「声を出せ」と言われて声が大きくなるということは、それまで声が出ていなかったということです。

暑い中での練習はきつい。それはみんな同じです。そんな中で発奮して元気を出して力を出して練習をする子が強くなります。

波多江柔道のみんなに強くなってほしい。だから、みんなが大きな声を出してほしい。みんなが元気を出してほしい。

暑さに負けて、自分に負けているようでは、強くなれません。

みんなで気合を入れなおして、しっかり頑張っていきましょう。