平成30年3月3日(土)卒団式

2018年3月19日




平成29年度卒団式

今年も6年生のみなさんが卒団の日を迎えました。

卒団する6年生は、しゅんや、みつお、いっしん、やまと、のりたけ、のぞみの6名です。

6年生のみなさんは波多江柔道のリーダーとして、本当に良く頑張ってくれました。

6人それぞれ入団した日は違います。波多江柔道で汗を流した年月の長短はあります。

しかし、めでたく卒団の日を迎えることができたことは、本当に喜ばしいことです。

6年生のみなさん、卒団おめでとうございます。

卒団式では、在団生が学年ごとにお礼の言葉を述べました。

みんな6年生のみなさんにたくさんのことを教えてもらいました。たくさんお世話になりました。

6年生のみなさんの、これからの活躍を心からお祈りします。

在団生は学年が1つずつ上がります。特に新6年生はこれから波多江柔道のリーダーとして、団を引っぱっていく立場です。

一年前、今回卒団した6年生も同じように、リーダーになることを自覚して一つ上の6年生を見送りました。

新6年生も、今回卒団した6年生と同じくらい、いや、それ以上に立派なリーダーになってくれることと思います。

子どもたちの成長は本当に早いものですね。

卒団する6年生のこれからの活躍を心からお祈りします。

祝賀会

夜は卒団祝賀会が行われました。

お世話になった6年生を囲んで、美味しい料理を食べながら、楽しい時を過ごしました。

このところ恒例(?)になっているのが、吉川杯と同じ試合順序、組合せで行われる腕相撲大会です。

柔道の試合とは違って、和やかな中にも闘争心をむき出しにした対戦が繰り広げられました。

指導員の部も開催されましたが、参加資格は「U45」です(笑)。

楽しい時間を過ごすことができましたが、6人の6年生が卒団してしまうのは正直寂しい気持ちもありますね。

みなさま、これからも波多江柔道を何卒よろしくお願いいたしします。