平成29年10月4日(水)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




桜野柔道

10月になりました。最近また急に涼しくなりました。肌寒く感じるときも少なくありません。

でも、日中はまだまだ気温の高い日もあります。気温の変化が大きいので、体調の管理に気をつけなければなりませんね。

今日の練習には桜野柔道のみなさんが参加してくださいました。

たくさんの少年柔道家たちが波多江の畳の上で汗を流しました。

普段一緒に練習をしない相手と練習をすることは、強くなるうえでとても大切なことです。

いつも一緒に練習している相手は、お互いに技を知っているのでなかなか技が掛かりません。

自分の技をあまり知らない相手には、思い切り技を掛ければ面白いように掛かることもしばしばです。

合同練習で技が掛かり、それがきっかけで一生の得意技になることもよくあることです。

もちろん、こちらも相手の技をあまりよく知りませんので、相手の技に投げられてしまうこともあるでしょう。

でも、練習で投げられることを嫌がっていては、いい練習はできません。練習だから投げられてもいいんです。

自分の技を掛けて投げることで自信をつけることができる。相手の技を受けて投げられることで、相手の技を知って、試合では投げられないようにできる。

合同練習で積極的に練習をするといいことばかり。悪いことは一つもありません。

桜野柔道のみなさん、今日はいい稽古ができました。ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

5月より張り付けているミニ動画ですが、最近は投げ込みや乱取りの様子を収録しています。どうぞご覧ください。