平成29年9月23日(土)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




元気が一番

9月も後半になり、とても涼しい日が続いています。

暑かった夏が信じられないくらいに快適な中での練習です。

しかし、少し子どもたちに元気がなかったように感じました。

準備運動のときなど、大きな声が出ていません。

子どもたちが練習をしている間、保護者のみなさんはみんな熱心に練習を見てくれています。

保護者のみなさんは、子どもたちが元気のない姿を見るために練習や試合に駆けつけてくれているのではありません。

応援してくれる保護者のみなさん、先輩たち、そして先生たちは、子どもたちが元気に柔道を頑張っている姿を見たいと思っています。

元気に頑張っている子どもたちの姿を見て、大人たちも頑張って応援しています。

柔道の試合は、勝負ですから必ず勝ち負けがつきます。自分よりも実力が上の選手に勝つのはとても難しいことです。

しかし、大きな声を出す、誰よりも早く行動する、はきはきと挨拶をするなど、元気を出すことは誰でもできることです。

先生たちに「声を出せ!」と言われると、そのとたんに声が大きくなります。

言われて声が大きくなるのなら、言われる前からその声は出るはずです。

とにかく、元気が一番。元気を出して練習をすれば、練習の効果も上がります。

明日9月24日(日)は筑紫道場少年柔道大会が太宰府市総合体育館で行われます。元気を出して、いい試合ができるように頑張りましょう。