平成29年9月6日(水)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




合同練習

今日の練習も、前回に引き続き志摩柔道のみなさんが参加してくださいました。

今日の昼は少し雨が降り、夕方になっても大変蒸し暑い中での練習でした。

それに加えて、子どもたちの熱気がさらに波多江の体育館を暑くしてくれました。

技が掛かるようになるためには、練習が必要です。その練習の中で、何度も何度も失敗します。

一度も失敗せずにできるようになる人なんていません。みんな必ず失敗して強くなります。

練習で失敗していなければ、失敗する場面は「試合」ということになりますね。

練習で失敗しても痛くもかゆくもありませんが、試合で失敗をすると負けてしまいますので、悔しい思いをすることになります。団体戦ならチームのみんなに迷惑をかけてしまいます。

だから、練習ではどれだけ失敗してもいいからどんどん技を掛けなければならないんです。

合同練習はその絶好のチャンスです。普段一緒に練習しているメンバーよりも技が掛かりやすいからです。

志摩柔道のみなさん、今日もいい練習ができました。ありがとうございました。

涼しくなったり、暑さが戻ってきたり、不安定な天気です。体調を崩さないように気をつけて、頑張っていきましょう。