平成29年7月12日(水)練習

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




猛暑!

日に日に暑くなってきています。今日は特に暑かった。

準備運動が終わった時点で子どもたちの顔は真っ赤でした。

適切に休憩を取り、十分な水分補給をして、子どもたちの体調管理に努めなければなりませんね。

いよいよ夏です。気合を入れて頑張っていきましょう。

攻める選手、守る選手

練習のとき、相手から投げられないように必死に守っている子がいます。

相手が技を先に先に掛けています。それを必死に防御し続けています。

練習のとき、どんなに返されても必死に自分から技を掛けている子がいます。

何度返されても先に先に技を掛け、何度返されても立ち上がります。

技が掛からなかった子は、悔しそうな顔をしています。相手の技を守り切った子は、得意そうな顔をしています。

技を返された子は、悔しそうな顔をしています。相手の技を返して投げた子は、得意そうな顔をしています。

しかし、試合で笑うのは技を掛け続けた子です。何度返されても技を掛け続けた子です。

試合で泣くのは技を掛けずに守る練習ばかりする子です。相手の技を返す練習ばかりする子です。

練習は何度投げられても練習です。100回投げられてもいいから自分が1回投げる練習。

そういう練習をする子が強くなります。守る練習はいりません。自分からガンガン攻める練習を心がけましょう。