平成29年5月24日(水)練習

2017年5月30日

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




普通の人ではダメ

すごく暑くなってきました。練習が始まる前から汗が出てきます。

柔道少年たちにとってイヤな季節がやってきましたね。

暑い中で練習をすると、とてもきついです。

きつい中でやる練習が必ず力になるということが分かっていても、なかなか体が動きません。

しかし、きついから体が動かないとか、きついから練習したくないなどと言うのは普通の人です。

柔道をしている子は普通の人ではダメなんです。

立っている相手をつかまえて背負投げや内股で投げるなんてことは、普通の人にはできないことです。

柔道選手はそれが当たり前にできるというだけで普通の人とは違うんです。

普通の人にできないことができるようになるためには、普通の人と同じことをしていてもダメなんです。

ましてや、子どもたちが試合で対戦する相手ももちろん柔道選手。普通の人ではありません。

相手も暑い中でも頑張って練習して試合に出てきます。その相手に勝つためには、きついから練習できないなんて言ってられませんね。

これからどんどん暑くなります。体だけでなく心も鍛えて、どんどん強くなりましょう。

今日もいい練習ができました。一所懸命に頑張っている子どもたちの体調を見極めるのが指導員の仕事です。

子どもたちがケガをしたり熱中症になったりしないように、しっかり観察しています。

さあ、暑い季節になります気合を入れて頑張っていきましょう。