平成29年2月25日(土)吉川杯争奪波多江柔道春季大会

2018年3月16日

吉川杯争奪波多江柔道春季大会および卒団式が行われました。




吉川杯争奪波多江柔道春季大会

波多江柔道では、毎年春季大会を開催しています。

試合は勝ち抜き戦方式で行われます。全団員を横一列に並べ、端から試合を行い、勝ったほうが残って次の相手と戦う方式です。引き分けは両者ともに下がり、次の二人が畳に上がります。

普段の練習の状況や試合の様子などを細かく観察し、絶妙な組み合わせが作られています。そのため試合は大変白熱し、毎年たくさんのドラマが生まれます。

昨年および一昨年の様子はこちら。


今年も白熱した戦いが繰り広げられました。

たくま×-×わたる

らん -○あいき

りゅうが×-×あいき

ゆうき○- りゅうへい

ゆうき -○ゆうが

ぜんじ○- ゆうが

ぜんじ×-×かほ

ありさ -○よねはらゆう

こじろう×-×よねはらゆう

おおつきゆう -○りん

つばさ○- りん

つばさ×-×りあな

さんしろう×-×なほ

はるか -○しんぺい

ようすけ×-×しんぺい

いっし×-×たいが

ゆうし×-×ひな

てつと×-×のぞみ

みのり○- のりたけ

みのり -○けいご

やまと×-×けいご

みつお×-×いっしん

しゅんや×-×もみじ

しゅんや×-×しょうご

もみじ -○しょうご

大変白熱した試合が行われました。

今年も組合せが絶妙で、お互いによく攻めていたのですが引き分けになったという試合が多く見られました。

実力が伯仲し、見応えのある試合が多かったように感じました。素晴らしいことです。

結果は1勝1引き分けの子が何人も並びましたが、勝ちの内容、学年等を考慮して

  • 優勝 つばさ
  • 2位 けいご
  • 3位 あいき
  • 敢闘賞 ぜんじ、よねはらゆう

となりました。

卒団式

大会後、卒団式を行いました。

今回卒団する6年生は3名。仲間とともに一所懸命に柔道に励んできた日々は彼らの宝であり、その仲間たちと培ってきた絆は彼らの財産です。

卒団生のみなさん、卒団おめでとうございます。

3人とも、中学生になっても柔道を続けると決意表明をしてくれました。指導員としてこれ以上の喜びはありません。

先生方や下級生に対してのお礼の言葉を述べた後は、恒例の「母を背負ってアーチのトンネル」です。

下級生や指導員、保護者の作ったアーチをくぐって、6年生が卒団しました。

中学生になっても、ぜひ波多江の道場に遊びに来て、後輩たちをガンガン鍛えてやって下さい。

これからの彼らの輝かしい未来に万歳!