平成27年9月30日(水)練習

2016年10月2日

水曜日は波多江小体育館で通常練習です。




小さなことの積み重ね

IMG_0007

波多江柔道の練習は、基本を忠実に繰り返します。

同じことを何度も何度も、愚直という言葉がピッタリ当てはまる風景です。

IMG_0014

寝技では難しい技術的なことをたくさん教えることはしません。

腹ばいになっている相手を表に向けて抑える。これを何度も何度も繰り返します。

IMG_0025

引き出しや打ち込みも、上手に入ることよりも、きちんと技をかけることを大切にしています。

引くべきところを引く、回すべきところを回す、上げるべきところを上げる。速く、正確に。これを何度も何度も繰り返します。

IMG_0030

投げ込みも、自分の得意技で相手を何度も何度も投げます。何度も何度も投げられます。

まっすぐ立っているだけの相手を投げられないのに、動いて防御する相手を投げられるはずがありません。

IMG_0039

どんなにヘトヘトになっても、徹底的にやります。

泣きながら練習に取り組んでいる子もいます。そうやってみんな強くなってきました。

工夫する意識

IMG_0046

子どもたち一人ひとりの意識が高くなってきました。

ケンカ四ツの相手に大外刈をかけるのに、刈り足が遠くなるのをどうすればいいか、質問した子がいました。

とても具体的な質問です。自分でしっかり考えた末での質問だということがよく分かります。

IMG_0048

内股をかけたときに、どうしても力がうまく入れられない子がいます。

投げ込みのときに、軸足の位置を微妙に調整しながら、一回一回技を試していました。

かからない技を何度も試すのは根気のいることです。これを地道に自分で頑張っていました。

IMG_0050

意識が変われば取り組み方が変わります。きっと結果もついてくるでしょう。

このような姿勢が、全員に見られるようになると、みんなが強くなっていきますね。

みんなで意識を高く持って頑張ろう。